歯も心もキレイに

一般歯科とは

皆様が通院されている歯科医院の多くは一般歯科というものになります。
一般歯科とは、保険治療のできる虫歯の治療や予防、入れ歯や抜歯などができる施設で他にも保険適用外のインプラントなどの審美できる施設になっております。
また歯周病予防の歯石や歯垢を取り除くものや、虫歯予防やブラッシング指導など、皆様も知っているような施設になっております。
他にも前述でも上げたように、歯並びや噛み合わせなどを整える矯正科、インプラントや口腔ガンなどの治療をする口腔外科、細菌による感染を予防、治療を行う歯周病科、虫歯になった歯を残す保存科、入れ歯やブリッジの治療を行う補綴(ほてつ)科などがあります。
このように、数多くのカテゴリ分けがされています。

歯医者での感染予防対策

皆様も聞いたことがあると思いますが、スタンダードプリコーションという言葉があります。
1996年にアメリカの疾病管理予防センターが提唱した「感染症の有無にかかわらずすべての患者に適用する疾患非特異的な予防策」のことです。
これは感染症対策であり、手洗いや手袋の正しい着用、器具の正しい使い方、患者の隔離などが挙げられています。
歯医者では滅菌や消毒などしっかりと行わなければなりませんが、中には手袋や器具の使い回しをしている歯医者もいるようです。
消毒は基本でしょ?と感じている方が殆どかと思いますが、気づきにくい点でもあります。
歯医者に行った際は見えるところは確認できるかと思いますので、注意して見ることをオススメします。